橋梁塗装・建築・解体・とび・土工・内装・防水工事は株式会社小池塗装
トップ
雨漏り補修
塗装工事
防水工事
施工実績
会社概要
お問合せ
  防水工事
環境対応型の材料の選択と最適な技術
現代建築物の構造は高度化し、ますます複雑・多様化する中で、防水施工技術もその建物に最適な技術(工法)が求められています。 また、化学物質の汚染・地球温暖化の問題を重要に考え、諸官庁は環境対策等にに対しガイドラインを発行し呼びかけています。
国土交通省では、シックスハウス症候群対策として、平成15年7月「建築基準法等の一部改定」法案が成立、施行され ました。「快適な生活環境」の意識が高まる中で、環境ニーズに対応した材料を使うことで、技術のみならず環境・安全 に配慮し、満足の高い施工を目指しています。

防水工事にあたって
防水とは、建築物の内部に水が浸入するのを防ぐことを言い、建物の構造や用途に応じて工法建物の構造や用途に応じて工法は様々です。
事前調査により現状及び工法を確認し、お見積致します。
また、工事完了確認後、工事保証(施工内容により異なります)を行っております。
主な防水工事例
例1:こんな症状の時は防水工事時期です。
例2:こんな症状の時は防水工事時期です。
例3:こんな症状の時は防水工事時期です。
施工事例 BEFORE→MIDDLE→AFTER
1 2 
  施工事例:浴室防水工事 詳細はこちら メールフォーム
 
  漏水していた為、床を全面的に防水する必要がありました。
浴室床にFRP防水を施しました。 
  施工事例:屋上防水工事 詳細はこちら メールフォーム
 
  旧防水層の上に新たに防水層を構築することにより漏水箇所を止める工事です。以前が押さえコンクリート防水仕上げであり、さらにつなぎ目がなく複雑な形状の屋上の最適なウレタン塗膜防水工法を施工いたしました。
 
  施工事例:ベランダ防水補修工事 詳細はこちら メールフォーム
 
  ベランダ床より階下に漏水が発生していたため、補修の上新しい防水層を作る工事です。ベランダのような場所は、ウレタン塗膜防水が一般的です。 
ページTOPへ
Copyright(c) KOIKE PAINTING Co.,Ltd. All rights reserved.〒179-0075 東京都練馬区高松4-12-17 TEL:03-3970-0833